世界遺産 
マリ共和国の世界遺産 【トンブクトゥ】 - 世界遺産めぐり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界遺産の紹介 モロッコ王国、マリ共和国の世界遺産、アルジェリア、ウガンダ、エジプト、エチオピアの世界遺産 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

マリ共和国の世界遺産 【トンブクトゥ】



---マリ共和国の世界遺産 NO.2---
                             【マリ共和国の世界遺産】 一覧表に戻る

【トンブクトゥ】
マリ共和国北部サハラ砂漠南端に位置するトンブクトゥは、11世紀に遊牧民トゥアレグ族が築いた宿営地が起源。
13世紀にマリ帝国の支配下で、金と岩塩の交易で栄え、「黄金の都」と呼ばれていました。
15世紀にはソンガイ帝国の下で、イスラム文化の中心地となるが、16世紀終わりに滅亡。
しかし「黄金の都」伝説は19世紀まで語り継がれ、多くの人が冒険と野心を掻き立てられました。
冒険と野心を掻き立てられたルネ・カイエ(仏)がトンブクトゥで見たものは、
サハラ交易が廃れ、すっかり荒廃してしまった「泥の家の集まり」だったのです。
サハラの塩と南の森林地帯でとれた黄金との塩金交易で栄えた街はもう無かったのです。

13世紀建造のジンガリベリ・モスク、大学機能も併せ持つサンコーレ・モスクなど、
多くのモスクやイスラムの建築物が今も残っています。
近年砂漠化が進み、深刻な危機が迫っています。
1988年に世界遺産に登録。
                             【マリ共和国の世界遺産】 一覧表に戻る

---マリ共和国の世界遺産 NO.2---
スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://sekaiisan001.blog50.fc2.com/tb.php/11-d38d764c
 
 
 
フリーエリア
 
おすすめ世界遺産DVD
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。