世界遺産 
マリ共和国の世界遺産 【バンディアガラの断崖(ドゴン人の地)】  - 世界遺産めぐり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界遺産の紹介 モロッコ王国、マリ共和国の世界遺産、アルジェリア、ウガンダ、エジプト、エチオピアの世界遺産 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

マリ共和国の世界遺産 【バンディアガラの断崖(ドゴン人の地)】 

---マリ共和国の世界遺産 NO.3---
                             【マリ共和国の世界遺産】 一覧表に戻る

【バンディアガラの断崖(ドゴン人の地)】 
マリ共和国のマリ中央部、ドゴン族居住地域にバンディアガラの断崖はあります。
高さ約500mで約200kmにわたって続く断崖。
ドゴン族の文化が保持されている地域です。
ドゴン人が崖に住み着き始めたのは、13世紀ごろ。
民族間の争いを逃れるためだったと言われています
ドゴン族は断崖の所々や、断崖の上下に土で要塞化した集落を造り独自の神話体系を持ち
天地創造の神話を大切に守りながら、暮らしてきました。
今もそのような集落が約700あり25万人ほどが暮らしています。
電気・ガス・水道のない自給自足に近い生活を送っています。
彼らは伝統的儀式には動物や鳥など90種もの美しい仮面が用いられ、
独自の伝統文化を受け継いでいます。
近年砂漠化が進み、深刻な危機が迫っています。
乾燥化と砂漠化によって作物が育たなくなり、村を離れる人が後を絶たないのです。
人口が急激に減りました。
1989年に世界複合遺産に登録
                             【マリ共和国の世界遺産】 一覧表に戻る

---マリ共和国の世界遺産 NO.3---
スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://sekaiisan001.blog50.fc2.com/tb.php/12-c4d4dcb3
 
 
 
フリーエリア
 
おすすめ世界遺産DVD
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。