世界遺産 
アルジェリアの世界遺産 【タッシリ・ナジェール】 - 世界遺産めぐり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界遺産の紹介 モロッコ王国、マリ共和国の世界遺産、アルジェリア、ウガンダ、エジプト、エチオピアの世界遺産 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

アルジェリアの世界遺産 【タッシリ・ナジェール】



---アルジェリアの世界遺産 NO.2---
                             【アルジェリアの世界遺産】 一覧表に戻る

【タッシリ・ナジェール】
タッシリ・ナジェールは、アルジェリア南東部、世界最大の砂漠であるサハラ砂漠の中央山岳地帯(山脈)に位置します。
幅は約500キロメートルに渡って拡がっています。
頂上付近、標高2000メートルの台地には、茸のような形の岩が、塔のように建ち並んでいて別世界のようです。
古代人が描いた不思議な絵が2万点以上も、これら奇岩の岩陰に隠されていました。
1万年~2000年前に描かれた岩壁画には、古代人の姿、牛や羊の群れ、ゾウ、カバ、キリンなどの草食動物が多数描かれています。
この壁画からは、サハラ砂漠は大昔は砂漠ではなく、動植物が生息していたと推測することができます。
タッシリ・ナジェールでは、絶滅危惧種である糸杉が多く生育し、考古学的な景観もあることから、「タッシリ・ナジェール国立公園」として国立公園、生物圏保護区、ラムサール条約登録地に指定されています。
1982年には、ユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録。

                             【アルジェリアの世界遺産】 一覧表に戻る

スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://sekaiisan001.blog50.fc2.com/tb.php/15-e25d9ca7
 
 
 
フリーエリア
 
おすすめ世界遺産DVD
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。