世界遺産 
アルジェリアの世界遺産 【ムザブの谷】 - 世界遺産めぐり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界遺産の紹介 モロッコ王国、マリ共和国の世界遺産、アルジェリア、ウガンダ、エジプト、エチオピアの世界遺産 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

アルジェリアの世界遺産 【ムザブの谷】



---アルジェリアの世界遺産 NO.3---
                             【アルジェリアの世界遺産】 一覧表に戻る

【ムザブの谷】
ムザブの谷は、サハラ砂漠北部、首都アルジェから南450kmに位置し、
標高300mから800mの岩だらけの高原です。
11世紀頃にこの地にたどり着いたベルベル人のムサブ族が5つの町を築いたとされています。
荒涼としたサハラ砂漠の中に忽然と姿を現す集落です。
建築物は、窓が少なく、外壁もピンクやブルーなどのパステルカラーに統一されています。
特徴は、日干しレンガの住居の形が立方体です。
町の周囲には防壁や城塞が築かれ、モスクを中心に、デザインが統一された住居建ち並ぶ。
真四角の家々と美しい街並みは、フランスの近代建築家ル・コルビュジエをはじめ、
多くの建築家に影響をあたえてきました。
1982年に谷ごと世界遺産に登録。

                             【アルジェリアの世界遺産】 一覧表に戻る

スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://sekaiisan001.blog50.fc2.com/tb.php/16-4a6d1484
 
 
 
フリーエリア
 
おすすめ世界遺産DVD
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。