世界遺産 
アルジェリアの世界遺産 【ティパサ考古遺跡】 - 世界遺産めぐり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界遺産の紹介 モロッコ王国、マリ共和国の世界遺産、アルジェリア、ウガンダ、エジプト、エチオピアの世界遺産 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

アルジェリアの世界遺産 【ティパサ考古遺跡】



---アルジェリアの世界遺産 NO.5---
                             【アルジェリアの世界遺産】 一覧表に戻る

【ティパサ考古遺跡】
ティパサは、アルジェリア沿岸部(地中海沿岸)にあります。
ティパサは紀元前5世紀頃に古代カルタゴのフェニキア人が築いた港町です。
1世紀頃からローマ帝国に制服され、発展しました。
バシリカ大聖堂はアルジェリア最大の規模。
フェニキア、ローマ帝国、ビザンチン帝国、と時代の流れの遺跡が残っています。
町の名前はアラビア語で「荒廃した都市」の意味です。
1982年に世界遺産に登録。
                             【アルジェリアの世界遺産】 一覧表に戻る


---アルジェリアの世界遺産 NO.5---

スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://sekaiisan001.blog50.fc2.com/tb.php/18-868a51e4
 
 
 
フリーエリア
 
おすすめ世界遺産DVD
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。