世界遺産 
エジプト・アラブ共和国の世界遺産 【古代都市テーベとその墓地遺跡】 - 世界遺産めぐり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界遺産の紹介 モロッコ王国、マリ共和国の世界遺産、アルジェリア、ウガンダ、エジプト、エチオピアの世界遺産 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

エジプト・アラブ共和国の世界遺産 【古代都市テーベとその墓地遺跡】



---エジプト・アラブ共和国の世界遺産 NO.2---
                      【エジプト・アラブ共和国の世界遺産】 一覧表に戻る

【古代都市テーベとその墓地遺跡】
ナイル川東岸、地中海から約800km南方に位置します。
古都テーベは紀元前1570年頃から約150年繁栄した都で現在のルクソール市。
ナイル中流域にあるエジプト中部の街でルクソールは、かつて「テーベ」と呼ばれ、
第11王朝から新王国の第18王朝までテーベがエジプトの中心でした。
ナイル川を挟んで壮大な遺跡群があります。
ルクソール西部にある王家の谷は、ツタンカーメン王や歴代のファラオが数多く埋葬された場所です。
ルクソール東部には、町の守護神アメン神など3神を祀る最大規模のカルナック神殿と、
15mの巨大なラメセス2世像が立つルクソール神殿が建っています。
東は「生者の世界」
西は「死者の世界」
とされていました。
崖に築かれたハトシュプスト女王葬祭殿。
エジプト最南端の街アブ・シンベルには、古代エジプト最強の王、ラムセス2世が建てた
アブ・シンベル神殿があります。
1979年に世界遺産に登録。
                      【エジプト・アラブ共和国の世界遺産】 一覧表に戻る


スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://sekaiisan001.blog50.fc2.com/tb.php/25-00d09f77
 
 
 
フリーエリア
 
おすすめ世界遺産DVD
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。