世界遺産 
モロッコ王国の世界遺産 【マラケシ旧市街】 - 世界遺産めぐり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界遺産の紹介 モロッコ王国、マリ共和国の世界遺産、アルジェリア、ウガンダ、エジプト、エチオピアの世界遺産 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

モロッコ王国の世界遺産 【マラケシ旧市街】



---モロッコ王国の世界遺産 NO2---
                             【モロッコ王国の世界遺産】 一覧表に戻る

【マラケシ旧市街】
マラケシュは、モロッコ中央部、ラバトの南西約280kmのアトラス山脈山麓の丘陵地帯、
テンシフト川の南岸に位置する都市で、「南方産の真珠」と呼ばれてきました。
サハラの交易都市マラケシュ。
ベルベル人がオアシスに築いた小さな軍営が起源で、11世紀にはムラービト朝の都となり、
その後商業都市として発展。
ムワッヒド朝の君主、アブド=アル=ムーミニーンが建てたクトゥービヤ・モスクの
ミナレット(回教寺院の外郭に建てた高い塔。細長く、露台をめぐらし、そこで神に祈る。辞書参考)は、
77mに達し、マラケシュの旧市街の象徴的な建造物です。
このような歴史的建造物がたくさんあります。
ジャマ・エル・フナ広場。
かつて公開処刑場だったこの広場は、ヒッチコックの傑作サスペンス『知りすぎていた男』
のロケが行われたことでも有名。
マラケシュは1985年に世界遺産に登録
世界遺産となっているのは、20キロにも及ぶ城壁に囲まれた旧市街です。
                             【モロッコ王国の世界遺産】 一覧表に戻る

---モロッコ王国の世界遺産 NO2---
スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://sekaiisan001.blog50.fc2.com/tb.php/3-2fd5739b
 
 
 
フリーエリア
 
おすすめ世界遺産DVD
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。