世界遺産 
モロッコ王国の世界遺産【古都メクネス】 - 世界遺産めぐり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界遺産の紹介 モロッコ王国、マリ共和国の世界遺産、アルジェリア、ウガンダ、エジプト、エチオピアの世界遺産 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --:-- | スポンサー広告 | Top
 
 
 
 

モロッコ王国の世界遺産【古都メクネス】



---モロッコ王国の世界遺産 NO4---
                             【モロッコ王国の世界遺産】 一覧表に戻る

【古都メクネス】 
メクネスは、モロッコ王国の首都ラバトから東に130km.フェズの西60km.に位置する都市。
メクネスは9世紀が起源で、11世紀には軍事拠点となった。
城壁に囲まれた都市で、1675年から1728年までアラウィー朝の首都が置かれた。
17世紀アラウィー朝の首都として栄え、ムーレイ・イスマイルによって巨大な城、モスク、
マンスール門、穀物倉庫、などが建設されました。
メクネスをモロッコのヴェルサイユにしたいと考えたのです。
その影響でイスラム文化にヨーロッパ文化が融合した独特の雰囲気です。
北アフリカで最も美しいといわれるマンスール門などがあります。
北部には、聖地ムーレイ・イドリスや古代ローマ遺跡で世界遺産に登録されている
ヴォルビリスの古代遺跡もあります。
1996年に世界遺産に登録。
                             【モロッコ王国の世界遺産】 一覧表に戻る

---モロッコ王国の世界遺産 NO4---

スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 
 
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
Trackback
 
 
 
http://sekaiisan001.blog50.fc2.com/tb.php/5-477c5a17
 
 
 
フリーエリア
 
おすすめ世界遺産DVD
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。